実家暮らしだと有利なワケ

基本的にキャッシング審査の際に住居形態について、実家暮らし、持ち家のある方が審査に有利と言われています。理由として住居形態は、消費者金融側がお金を貸した際に、貸した相手が支払から逃げる可能性があるかどうかの判断材料としてみています。賃貸暮らしの場合、すぐに賃貸を解約して別の場所に引っ越してしまうことが可能です。しかし、持ち家で暮らしている場合、簡単に引っ越すことが難しくなるので、逃げずにきちんと支払してくれると思われやすいです。また実家暮らしの場合だと、家賃もありませんし返済に充てられる金額も多くなると判断されて、キャッシング審査にとても有利になります。

住居形態においては実家暮らしが一番評価が高くなります。賃貸暮らしの場合は、評価されないわけではありませんが、居住年数が重要になってきます。引っ越しをせず同じ場所に長く住んでる方は評価が高くなっていきます。3年以上が好ましいですが最低1年以上住んでいれば問題ありません。しかし居住年数が少ない、頻繁に引っ越しした形跡がある方は評価されにくいです。住居形態についても安定しているかどうか判断されます。あまり引っ越しをせず同じ場所に長くいる方、また簡単に引っ越さないと思われる方の方が評価は高くなります。

審査に有利な要素「クレヒス」とは

金融関連の話に詳しい人なら聞いたことがあるかも知れませんが、「クレヒス」すなわちクレジットヒストリーというものが審査においては大きく影響を及ぼします。

まずこのクレジットヒストリーとは、その名の通り今までの金融商品の利用履歴のことです。例えば過去の金融業者からの借り入れもそうですし、携帯電話などの割賦契約などもその中に含まれます。これらの経歴が多いということは今まで金融商品を提供しても事故を起こしていないということになりますので、信用情報としては十分な要素なのです。

逆に今までに何のクレジットヒストリーも無いともなると「この年になるまで何か組めなかった事情があるのではないか?」と疑われることになりますので、ヒストリーが無いことで審査が落ちるということはありませんが、今までに未納が発生したり債務整理をしてしばらくした後事故暦が消えた場合などの疑いが濃くなってしまいますので、不利というよりは信用の積み直しの状態になります。多少不利の状況でも過去の経歴で審査に通過する場合もあるためクレジットヒストリーは馬鹿に出来ない要素なのです。

特に審査内容は業者によって異なるので一概に有利になるとは言い切れませんが、貯めておいてもよい信用の一つです。


信用情報は、CICという指定信用情報機関で管理されています。信用情報について気になる方は、どのように信用情報が扱われているのか案内を見てみてはいかがでしょうか。

キャッシング増額の審査でマイナスに響くこと

お金を借りたい時にキャッシングなどを普段から利用している人は、欲が出てもう少し借りる事ができらいいな、と思う事はありませんか?その場合しないといけないのはキャッシング増額です。でもこれはすべての人が審査に合格するとは限りません。そこでこんな人は審査に合格しにくいという人をまとめました。

・審査でマイナスに響くこと
過去に金融事故を起こした人はその記録は信用情報に残ります。例えば長期延滞してしまった人や代位弁済の経験がある人などは合格が厳しくなります。支払いが2か月や3か月も延滞した時には長期延滞として記録されてしまいます。また自力でお金を返す事ができずに結局、保証会社や第3者に支払ってもらった時は代位弁済として記録が残ります。

次に総量規制に接触している人も難しいです。増額希望者の年収の3分の1までしか、貸金業者もお金を貸す事はできません。例えば年収が300万の人を例にすると100万円までしか貸金業者からは貸す事ができません。

他には、今現在において他社への返済が遅れている人も増額審査に受かりにくいです。契約した時の個人情報に変更しないといけない事がある人は更新しておかないと信用問題になります。キャッシング増額を希望するなら結局は普段からの信用がものをいいます。お金借りるには、信用を積み重ねることが重要だということです。

即日キャッシングが利用出来る条件

即日でキャッシングを利用したいと考えた場合、即日キャッシングが出来る業者を選ぶ必要があります。しかし即日で融資を受けるためには、様々な条件があるので、確認しておく必要があるでしょう。

即日融資を受ける場合は審査を行う必要がありますが、審査には時間が必要になるケースもある事を知っておいた方が良いでしょう。しかし近年では非常にスピーディーな審査が可能になっており、速い場合は1時間以内で融資を受けることも可能になっています。

午後に申し込んだ場合は、翌日になってしまう場合もあるので、午前中には申し込みを行う必要があるでしょう。申し込み自体は電話やインターネットを利用することで簡単に行うことができますが、審査の時間を踏まえて申し込みすることが大切になってきます。

もちろん審査内容によっては、キャッシングを利用することができないケースもあります。審査に落ちてしまう理由としては、仕事に就いていない場合や、金銭面での懸念などが主な内容になっています。安定した生活が出来ている場合は、審査に落ちてしまう可能性は低いので、安心して申し込みすることができるでしょう。このようなサービスを利用する上で大切なのはお互いの信用になりますが、信頼出来る業者を選ぶ事はもちろん、自分に信用があるのかもポイントになると言えるでしょう。