実家暮らしだと有利なワケ

基本的にキャッシング審査の際に住居形態について、実家暮らし、持ち家のある方が審査に有利と言われています。

IMG_2121(2)

理由として住居形態は、消費者金融側がお金を貸した際に、貸した相手が支払から逃げる可能性があるかどうかの判断材料としてみています。賃貸暮らしの場合、すぐに賃貸を解約して別の場所に引っ越してしまうことが可能です。しかし、持ち家で暮らしている場合、簡単に引っ越すことが難しくなるので、逃げずにきちんと支払してくれると思われやすいです。また実家暮らしの場合だと、家賃もありませんし返済に充てられる金額も多くなると判断されて、キャッシング審査にとても有利になります。

住居形態においては実家暮らしが一番評価が高くなります。賃貸暮らしの場合は、評価されないわけではありませんが、居住年数が重要になってきます。引っ越しをせず同じ場所に長く住んでる方は評価が高くなっていきます。3年以上が好ましいですが最低1年以上住んでいれば問題ありません。しかし居住年数が少ない、頻繁に引っ越しした形跡がある方は評価されにくいです。住居形態についても安定しているかどうか判断されます。あまり引っ越しをせず同じ場所に長くいる方、また簡単に引っ越さないと思われる方の方が評価は高くなります。