キャッシング増額の審査でマイナスに響くこと

お金を借りたい時にキャッシングなどを普段から利用している人は、欲が出てもう少し借りる事ができらいいな、と思う事はありませんか?その場合しないといけないのはキャッシング増額です。でもこれはすべての人が審査に合格するとは限りません。そこでこんな人は審査に合格しにくいという人をまとめました。

・審査でマイナスに響くこと
過去に金融事故を起こした人はその記録は信用情報に残ります。例えば長期延滞してしまった人や代位弁済の経験がある人などは合格が厳しくなります。支払いが2か月や3か月も延滞した時には長期延滞として記録されてしまいます。また自力でお金を返す事ができずに結局、保証会社や第3者に支払ってもらった時は代位弁済として記録が残ります。

no-translate-detected_318-58926

次に総量規制に接触している人も難しいです。増額希望者の年収の3分の1までしか、貸金業者もお金を貸す事はできません。例えば年収が300万の人を例にすると100万円までしか貸金業者からは貸す事ができません。

他には、今現在において他社への返済が遅れている人も増額審査に受かりにくいです。契約した時の個人情報に変更しないといけない事がある人は更新しておかないと信用問題になります。キャッシング増額を希望するなら結局は普段からの信用がものをいいます。お金を借りるには、信用を積み重ねることが重要だということです。